FC2ブログ

森のサーカス小屋

児童文学作家 戸森しるこのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本悦子さんのお祝い

IMG_2955.jpg IMG_2968.jpg

12月15日に野間賞の贈呈式に出席しました。
野間文芸賞、野間文芸新人賞、野間児童文芸賞という、講談社の大きな三つの賞の合同贈呈式で、私は今回野間児童文芸賞を受賞された山本悦子さんのお祝いで行ってきました。
突然行ってびっくりさせようかなーと思って、山本さんには内緒で潜入しました。びっくりされてました(笑)

実は、受賞作の発表よりも前に、私の担当編集者さんが、「今年の受賞作は戸森さんが喜ぶと思いますよ。まだ言えないんですけど」と言っていて、あ、そういうことをわざわざ言うってことは山本さんに違いないなって心の中で思ってました。でも『夜間中学へようこそ』と『神隠しの教室』のどっちかなーと思っていて、個人的には『神隠しの教室』がいいなーと思っていたので、発表の瞬間「やったー!」とテンションが上がりました。
『神隠しの教室』を読んだ直後に、「今までの山本さんの御本の中で一番好きかもしれないです」というメールを送ったのを覚えています。そのメールをちょっと探してみたら、

「夜中にひとりで部屋で読んでいたら、入り込みすぎて本気で怖くなってきてしまって、『いやいや、これは山本さんが書かれているお話しなんだから大丈夫……』と、自分に言い聞かせる事態になりました」

と、書いてありました。そうだったんだ、わたし。

そのくらい引きこまれる物語なのです。読んでいない方はお早めに読んでみてください♪

そういえば、祝賀会会場で何人かの方から、「山本さんとはどういったお知り合いで?」と聞いて頂いて、でもちゃんと説明しようとするとちょっと複雑なのです。このブログを始めたころに、そのことを記事にしましたので、ここにリンクを。⇒ 「山本悦子さん」

そんなふうにデビューが決まった瞬間から私を見守って下さっている唯一の作家さんが山本悦子さんですので、今回のご受賞は私にとってもスペシャルハッピーな出来事でした。

おめでとうございます!!

IMG_2958.jpg
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。