FC2ブログ

森のサーカス小屋

児童文学作家 戸森しるこのブログです。

奇跡のお食事会

先日、ものっすごーくお久しぶり(なんと三年ぶり)に山本悦子さんとお会いするお約束をしました。久しぶりというか、私がデビューしてから初めてです。

「雰囲気、変わったねぇ!」

と言われました。そうだろうか。変わったかしら。
私のデビューが決まった時や、ペンネームを「戸森しるこ」にした時にどう思われたか、うかがうことができてよかったです。

詳細は山本さんがブログに書いてくださったので、こちらからどうぞ!!

「山本悦子のひとりごと」

……ご覧になりましたでしょうか。そういうことでした。

よく考えるとすごいメンバーだなぁ。いつも大変お世話になっている皆様に一度にお会いでき、スペシャルな夜でした。
言い出したのが私だったので、幹事みたいなことをさせてもらったのですが、お店を決めるのがドキドキして楽しかったです。最終的に和食のお店に。

IMG_2577.jpg IMG_2578.jpg

IMG_2579.jpg IMG_2581.jpg

もうひとつの最終候補のお好み焼き屋さんも楽しそうだったなぁ。

年齢も雰囲気も違う四人の女性。
なんだかちょっと大人版「若草物語」みたいで素敵! 私は末っ子。特に、お会計の時、お釣りの五百円を、「これはお駄賃ね」と頂いた時に、「末っ子っぽい!」と思いました(笑)
あ、年齢も雰囲気も血液型もバラバラだったけど、全員名前に「子」がつくところが共通点だった。私だけ平仮名だけど。

それと、
大相撲の話題で盛り上がっていた時、私はお相撲をまったく見ないので、
「何チャンネルでやってますか?」
と聞いたらば、
「NHKだよ!」
と、総ツッコミを頂きまして、爆笑でした。(常識だったらしい)

みなさんお話がお上手で、おひとりおひとりが輝いていて、お話も弾みまして、とても楽しいひと時でした。
第二回も、いつかぜひ。

集まってくださったお礼に、瓶詰め付箋をプレゼントいたしました。
作家さんに付箋は必需品ですよね。画家さんはどうだろうか、と思いつつ持っていったのですが、資料にしるしをつけるのに使われるそうです。よかった(*^-^*)

今日でブログ二周年ですので、こんな特別な記事になって嬉しい☆
ちょっと振り返ってみようと思い、最初の記事を確認したところ、ちょうど山本さんがコメントをつけてくださっていて、嬉しく懐かしく思いました。
そして、このブログの誕生日ということは、さんなちゃんの誕生日ということでもあるんですよね。さっきひさしぶりにさんなちゃんのブログをのぞいてきました。二年経った今も、時々コメントをつけている方がいらっしゃって、中にはコメント欄を通じて一方的にお名前を知っている方もいるので、「わ、ひさしぶり!」と思ってこちらも懐かしかったです。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント