森のサーカス小屋

戸森しるこの児童文学日記/講談社児童文学新人賞・児童文芸新人賞・産経児童出版文化賞フジテレビ賞受賞作『ぼくたちのリアル』、二作目『十一月のマーブル』、三作目『理科準備室のヴィーナス』発売中!!

産経児童出版文化賞 フジテレビ賞

IMG_2134.jpg

本日の産経新聞朝刊誌面で発表となりましたが、「ぼくたちのリアル」で産経児童出版文化賞のフジテレビ賞を受賞しました。

今日は5月5日で母の誕生日でしたので、いつもお世話になっている近所の喫茶店に両親を招き、母の誕生日&私の受賞記念のささやかなパーティーを開きました。お店の奥さんがケーキを作って下さったのです。数日前にケーキを注文した時、「サヴァランは作れませんよ」と言われてしまいましたが(笑)。

ところで、産経児童出版文化賞とは何かといいますと、産経新聞社が創設した賞で、児童文学の賞のひとつです。後援がフジテレビジョンとニッポン放送で、JRグループが協賛、協力は東京都飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモント、だそうです。講談社の担当編集者さんによると、「ぼくたちのリアル」はフジテレビの選考委員の方が特に評価して下さったらしいです(だからフジテレビ賞?)。フジテレビ賞を含めて7つの賞があります。⇒ Wikipedia 産経児童出版文化賞

各賞の発表はこちらです。⇒ 産経新聞のイベントガイド

「十一月のマーブル」が刊行された時にこのブログで紹介させて頂いた、高楼方子さんの「十一月の扉」もこのフジテレビ賞を受賞されています。末吉暁子さん、岡田淳さん、柏葉幸子さん、富安陽子さん、……。という、有名な作家さんが過去受賞者リストに並んでいたので、うーむすごい賞なんだなぁと思いました。

母の誕生日に親孝行ができてよかったです。

ところで、6月の贈呈式には紀子様がおみえになるそうです。受賞者は贈呈式で少しお話しできる機会があるみたいなんですけど、ほんとかなぁ。ドキドキ。

IMG_2143.jpg IMG_2138.jpg

スポンサーサイト

Comment

point

しるちゃん、こんばんは!
産経児童出版文化賞のフジテレビ賞受賞おめでとうございますヽ(*゚▽゚)ノ~▽

なんかどんどん遠い人になっていくけど
いつまでも仲良くしてください(^^)/

ご両親孝行できて良かったですね!

2017/05/12 (Fri) 22:57 | なお #- | URL | 編集 | 返信

point Re: タイトルなし

なおさん、コメントありがとうございます(^-^)/
ぜんぜん遠くないっす(笑) 気のせい気のせい。
こちらこそこれからもよろしくお願いしまーす😀

2017/05/12 (Fri) 23:31 | 戸森しるこ #yBii/ViI | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント