森のサーカス小屋

児童文学作家 戸森しるこのブログです。

「十一月のマーブル」製作秘話⑧ マーブルチョコアート

今回、マーブルチョコレートを物語のキーアイテムにするにあたって、いくつか資料用に購入しました。

IMG_1193.jpg

……あくまでも資料であって、おやつではありません

小学生のころ、矢沢あいさんの「天使なんかじゃない」という漫画が大好きだったのですが(というか今でも大好き)、作中でマーブルチョコが効果的に使用されていて、大変印象に残りました。
あのころの私みたいに、「十一月のマーブル」を読んでくださったどなたかが、「マーブルチョコ食べたいなぁ」なんて思ってくだされば、作戦大成功であります。
そういう意味では「天ない」へのオマージュ? インスパイア? なんていうんでしょう、こういうの。ただのパクりだったらごめんなさい。でも使い方ぜんぜん違うし、たぶん大丈夫。

あと、これはあとから気づいたので完全に「偶然」なのですが、マーブルチョコはレインボーカラーに見えないこともない。レインボーフラッグは、セクシャルマイノリティの尊厳と社会運動を象徴する旗なのです。

これは、なにかできそうだ。

ということで、戸森しるこのマーブルチョコアート計画が始まりました。

まずは赤羽のユザワヤで空模様の布を購入するところから。

IMG_1244.jpg

そして、虹を作る。

IMG_1206 (2)

ご覧の通り、最初は二列で作っていたのですが……、

IMG_1207.jpg

こりゃあ、マーブルチョコが足りないや(あんなに買ったのに)。
ってことで、一列に変更。

IMG_1208.jpg

日曜日の午後、ひとりさみしく、自室のロフトで虹を作る私(これも創作活動の一環です)

IMG_1218 Twitter背景

できあがり!!

パレードなどで一般的に使われているのは 6色構成(赤、橙、黄、緑、青、紫)のものなんですけど、マーブルチョコには紫がなーい! ということで、茶色を代わりに使用。ぜんぜん違和感ないじゃん、すばらしい!

IMG_1232 Twitter告知

これを、Twitterの背景に設定!

しかし、ここに来てひとつの不安が。

そもそも、レインボーカラーがLGBTのシンボルだって、一般的に知られているのかしら。
説明なしだと、ただの「虹が好きな人」になってしまうかも。
でも、まぁ、興味を持ってくださる方がいるかもしれないし! と、思い直し、計画続行。

そういえば、「十一月のマーブル」の刊行に先駆けて、「虹」の画像をTwitterでリツイートしていました。
「虹が好きなんですか?」と気づいてくださった方がいて、うれしかったです。
うれしかったですが、やはり真意は伝わってなかった…(笑)

以上、レンに捧げる、マーブルチョコアートでした♪

(マーブルチョコアートに使用したマーブルチョコレートは、あとでおいしく頂きました。)


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント