森のサーカス小屋

戸森しるこの児童文学日記/講談社児童文学新人賞・児童文芸新人賞・産経児童出版文化賞フジテレビ賞受賞作『ぼくたちのリアル』、二作目『十一月のマーブル』、三作目『理科準備室のヴィーナス』発売中!!

「十一月のマーブル」製作秘話③ 取材へ~平塚・マーブリングアート協会~

2016年4月某日。

作中でマーブリングアートを取り扱うことになったので、これは実際に見てみなければ書けそうにないと思い、「取材に行きます」と担当編集者に宣言しました。

ところで、そもそも私がマーブリングアートを知っていたのは、小学生の時の図工の時間にやったことがあるからです。ちなみに、作中と同じくアルバムのカバー製作だったと思います。

今回向かったのは、神奈川県の平塚駅にある、「マーブリングアート協会」。
出迎えてくださったのは、マーブリングのインストラクターでいらっしゃる、正能さんと木村さんでした。マーブリングについて、実践しながらいろいろ教えて頂きました。

こちらが、マーブリングで使用する道具。手作りだそうです。
IMG_0785.jpg IMG_0780.jpg
IMG_0778.jpg IMG_0776.jpg

これが、私と担当編集さんの作品。緑のが私の。うーむ……。完成度はともかく、楽しかったです。
IMG_0775.jpg IMG_0779.jpg

そしてこちらがプロの作品。こりゃすごい。
IMG_0782.jpg IMG_0786.jpg
IMG_0781.jpg IMG_0783.jpg

この取材に行った時、すでに「凪」という名前は決まっていました。取材中に「マーブリングの際に『無風』であることが前提条件」という話を聞いて、帰り道に担当編集さんと「偶然だねぇ」と話したことを思い出します。

「偶然」というキーワードが、この物語を素敵に彩ってくれるような、そんな予感がしました。

正能さんと木村さんには、原稿を書き終えてから再び連絡をとらせて頂き、マーブリングの描写についてチェックもして頂きました。

この場を借りてお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント