FC2ブログ

森のサーカス小屋

児童文学作家 戸森しるこのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「十一月のマーブル」製作秘話① 十一月の物語を書こう

IMG_1232 Twitter告知


十一月という月は、私にとって特別な一か月です。

私が十代半ばのころに読み、はじめて「物語を書く」ということをぼんやりとイメージした作品は、高楼方子さんの「十一月の扉」でした。そして、敬愛するトーベ・ヤンソンの「ムーミン谷の十一月」。十一月の物語には心惹かれます。
自分がその月の最後の日に生まれたということも、もちろん関係しているでしょう。

ハロウィンや秋のイメージの十月でも、クリスマスや冬のイメージの十二月でもない、ちょっと中途半端な雰囲気の月。
私と同じように「十一月が好き」という人と出会うと、その「偶然」にドキドキします。

いつかそんな十一月の物語を書こうと思っていました。

キーワードは「偶然」。

マーブルチョコを食べながら、ぜひお読み頂ければと思います。


十一月の扉 ムーミン谷の十一月
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。