森のサーカス小屋

戸森しるこの児童文学日記/講談社児童文学新人賞・児童文芸新人賞・産経児童出版文化賞フジテレビ賞受賞作『ぼくたちのリアル』、二作目『十一月のマーブル』、三作目『理科準備室のヴィーナス』発売中!!

葉状腫瘍について

今日は葉状腫瘍について書きます。
情報を必要としている方が「葉状腫瘍」で検索してここにたどりついたとき、すこしでも参考になるといいのですが。

胸にしこりといえば乳がんを思い浮かべる方が多いかと思いますが、実際には良性のしこりというものが多くあります。

たとえば乳腺繊維腺腫。にゅうせんせんいせんしゅ、と読みます。
これは比較的若い方に多いしこりで、100パーセント良性なので、大きくなったりしなければ、摘出しなくても問題がないと言われています。

そしてもうひとつ、葉状腫瘍というものもあります。ようじょうしゅよう、と読みます。
腫瘍の断面に葉っぱのような構造が見られるので、葉状です。
葉状腫瘍も、多くのものは良性とされていますが、境界悪性(ボーダー)と、悪性も存在します。悪性になると「肉腫」に分類され、肺などの臓器に遠隔転移する可能性があり、命の危険にさらされます。葉状腫瘍はがんではないので、抗がん剤や放射線治療の効果に期待できず、有効とされる治療法は「摘出」のみ。再発、転移が進むと予後はよくないです。今後治療法が見つかることを願います。

葉状腫瘍の最大の特徴は、急速に増大すること。数週間で何センチも大きくなることがあるそうです。
そしてもうひとつ心配なのが、良性悪性問わず、再発しやすい腫瘍であるということ。もちろん悪性度が高いほどに再発率が高いですが、たとえ摘出時に良性であっても、再発時に悪性に転じるケースなどがあり、良性悪性の診断と予後がかならずしも一致しない、という特徴があります。

5年ほど前に、私は乳腺繊維腺腫の診断を受け、1年半ほど大学病院で経過観察をしてもらっていました(マンモグラフィーとエコーと細胞診をやりました)。この間大きさが変わらなかったので、良性で安心していたこともあり、その後は病院に行くのをやめてしまいました。担当医からも通院を強く勧められなかったので、それで問題ないだろうと判断したわけです。

しかし、その3年後、しこりが大きくなりはじめ、たまに痛みを伴うようになりました。このころしこりの大きさは約4センチ。以前に比べると、1~2センチ大きくなっていました。
以前の大学病院でまた診察を受けるためには、紹介状が必要でした。そこで、紹介状をもらうために近所の総合病院の外科へ。エコー(超音波検査のこと)をして頂き、
「大丈夫だと思いますよ、1年後にまた来てください」
と言われかけましたが、念のため乳腺に詳しい医師に診てもらいたかったので、なかば無理やり紹介状を書いて頂きました。

そして大学病院へ。いわゆる「乳腺外科」です。
以前の先生とは別の女医さんに変わりました。
そして、同じようにエコーと、組織診といって組織を切り取って詳しく調べる検査をしました。
診断結果は、やはり乳腺繊維腺腫

しこりがあるのは右胸です。ついでに左胸にも1センチ未満のしこりが3つほど発見されました。これは手で触っても自分ではわかりません。危険度は低め。乳腺専門医であれば、エコーを見てあきらかに悪性であれば、すぐに分かるそうです。

大きいしこりに関して手術をするかどうか、という話も出ましたが、先生は結婚前に胸に傷がつくことを考えてくださったようで(結婚の予定はまったくございませんが)、もう少し様子を見てもいいだろうと仰り、半年後にまた検査することに。ただし、急に大きくなるようなことがあればすぐに来るように、と、約束させられました。
「手術を選択しない場合、心配するべきことは何かありますか?」という質問をした時に、はじめて「葉状腫瘍」の名前が出ましたが、組織診の病理レポートには「葉状構造なし」とあり、確率的にもかなり低い病気であるということから、あまり深刻に考えませんでした。それに、手術しなくて済むのであれば、やはりしたくなかったので……。

※後日追記※
今から振り返ると、本当はこの日に手術の選択をするべきでした。たまたま半年で1センチしか大きくなりませんでしたが、それは運がよかっただけ。急に大きくなってから受診したのでは手遅れになる可能性があります。


そして半年後のエコーでしこりが5センチになりました。
これは今後どんどん大きくなる可能性が高いので、繊維腺腫でも摘出した方がいい、ということで、手術することに。
約1か月後、3日ほど入院して全身麻酔で摘出しました。

そして運命の半月後、摘出したしこりの病理検査の結果が出ました。

「良性の葉状腫瘍でした」

っおーーい!! まじでーー?! 繊維腺腫っていったじゃーん!!

って、正直思いましたが、全部摘出してみないと、「良性の葉状腫瘍」と「繊維腺腫」は専門医であっても区別が不可能なのです。

繊維腺腫だと思って摘出してみたら実は葉状腫瘍だった、というケースはわりとあるそうです。ちなみにこのブログで紹介したSちゃんも、はじめは繊維腺腫の可能性が高いという診断を受けていたそうです(摘出したら悪性葉状腫瘍だった)。
葉状腫瘍であれば一刻も早く摘出するべきです。あの時、総合病院の外科で紹介状を書いてほしいと食い下がらなければ、いまだに私の胸にはしこりがあったはずだし、「良性なんだから大丈夫」と思いこんでいました。

私が一番何を言いたいかというと、胸のしこりは良性でも安心しちゃいけないってことです。だったら良性って呼ぶなよなーって思いますよね。

とにかく私は再発しないことを祈るばかりです。摘出後、再発までの平均期間は二年ほどと聞きます。病気をしてからヨガを始めました。食生活にも気をつけています。なんだかこれまでよりも健康になった気も。
私のしこりは大きさが控えめだったし(大きいほど再発しやすい)、大きくなるスピードも遅かったから(速いほど再発しやすい)、大丈夫だといいなーって思っています。
しかし、良性の腫瘍がある人は、乳がんリスクが多少高いというのも事実。
左側の小さなしこりのこともあるし、これからも半年ごとに近所の乳腺クリニックにかかろうと思っています。乳がんの早期発見にもつながりますし。

女性のみなさん、たまには胸の検診に行ってくださいね。
それで、もししこりが確認できているのであれば、かならず乳腺の専門医の診察を受けてください
Sちゃん(当時21歳)のこともあるので、個人的には若くても行った方がいいと思う。
早期発見、早期治療が肝心です。



スポンサーサイト

Comment

point

葉状腫瘍というのは、Sさんのブログで初めて知りました。雪子さんもいろいろな経験をなさってきたんですね。昨日あたりから、プロレスラーの北斗晶さんの乳がんの話題をよくテレビで見ますが、やっぱり少しでもしこりがあったら早めに病院に行かなければいけないし、まず検診に行かないと。
わたしは、できるだけ一年に一回は行くことにしているんですけど、それだからといってだいじょうぶというわけではないらしいですよね。じゃあ、どうしたらいいわけ?とも思うんですけどね。
わたしは、子宮頸がんの検査で引っかかって、異型細胞が大きくなるかどうかを2年ほど経過観察していました。3か月に一回病院に行っていたんです。昨年、「これからが1年に一回でいいです」と言われたんですけど、やっぱりいろいろ考えましたね。けど、不安になったとき「もし悪性だったとしても早い段階で見つかったってことだから、だいじょうぶ」って自分にいい聞かせていました。
病気はやっぱり早期発見が大切ですよね。

2015/09/25 (Fri) 08:51 | 山本悦子 #- | URL | 編集 | 返信

point コメントありがとうございます!

子宮頸がんの経過観察をされていたのですね。でも大事に至らなくてよかったです。子宮頸がんはわりと若い年齢から市の検診がありますよね。でも私の住んでいる区は胸の検診が40歳からなので、それってちょっと遅いんじゃなかろうか、と思っています。
早期発見が大切なのに、「何か見つかると怖いから検診に行かない」と言う人がいます。私からすると放置する期間の長い方がよっぽど怖いです。

葉状腫瘍は悪性だと危険度が高いのに、本当に知られていないですね。悪性葉状腫瘍で治療中の方は国内に40名足らずと聞きますので、仕方ないかもしれませんが...。乳腺専門外の医師に葉状腫瘍と言っても、「どういう字を書くの?」と言われてしまうほどです。同じ葉状腫瘍のブログ友達さんと、「やぁねぇ、マイナーな病気で」っていつも言い合っています(笑)

2015/09/25 (Fri) 09:20 | 高橋雪子 #- | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/02 (Mon) 18:52 | # | | 編集 | 返信

point Re: No title

かぴばらさん、はじめまして。コメントありがとうございます! すごくうれしいです。葉状仲間ですね。

良性といわれるとやっぱり安心してしまいますよね。わかります。
境界悪性ということで、さぞ不安でいらっしゃると思います。でも、術前に葉状腫瘍とわかっているなら、きちんとマージンをとって摘出してもらえると思うので、それはよかったですね(^_^) 記事にも書きましたが、葉状腫瘍は初発の手術が肝心なのだそうです。境界型なら1~2センチくらいのマージンなのかなと思うのですが、術前にぜひ医師に確認してみてください。
たとえ悪性でも、手術に成功してそのあと元気でいらっしゃる方も私は知っています。まずは手術がんばってください!

5センチの腫瘍なら全身麻酔ですよね? 私も摘出時は5センチくらいでした。
私の場合は、術後にとてもだるかったことと、半日体をほぼ動かせなかったので、全身痛くてたまらなかったことが、ちょっとつらかったです。体の下にひけるバスタオルなどを持っていくといいと思います。あと尿道カテーテルも初体験だったので、入れる時は麻酔で分かりませんが、抜く時はいっしゅん気持ち悪かったです。

2016/03/07 (Mon) 10:31 | 戸森しるこ #- | URL | 編集 | 返信

point 私も3cmほどの葉状腫瘍があります。

私も左胸に鏡を見ただけでしこりが分かるほどの葉状腫瘍があります。大きさは2.5cmほどです。
その他にも小さいのが2つ左胸にあります。

細胞検査をしてもらい良性と言われております。

母には取れるものなら取った方がいいのではないかと言われ、医師(外科)に相談したところ私の年齢(2年前、当時21歳)を考慮してくださったのか、
「これが悪性に変わることはないし、傷が残るだけなので取る必要はない。」
とはっきり言われました。

はっきり言われたのでその言葉を信じ安心し切っておりました。

しかし、鏡を見るたびに気になるし、たまに痛みがあるような気もします。

友達に背中を押されたこともあり、良性悪性に関係なく不安要素は取り除いた方がいいという考えに変わり始めています。

まず、まだまだ情報不足だと思い、情報収集から頑張ろうと思っていたところでこの記事を拝見させていただきました。

似た境遇の人がいるということが分かっただけで励みになりました!

2016/10/11 (Tue) 21:12 | まなか #SjTSIGpA | URL | 編集 | 返信

point Re: 私も3cmほどの葉状腫瘍があります。

まなかさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

数年前の私と状況が似ていますね。違うのが、私は術前の診断が「繊維腺腫」だったのに対し、まなかさんはすでに「良性の葉状腫瘍」と診断が出ているというところです。細胞診で「葉状腫瘍」だと分かったのでしょうか? たとえ葉状腫瘍でも、良性なら経過観察になることがあるらしい、というのは、聞いたことはあります。でも、個人的な意見を言わせて頂けるなら、2.5センチというのはそこそこ大きいですし、摘出した方がいいのではないかと思います。なぜかというと、葉状腫瘍は放っておくと、良性、境界悪性、悪性と、悪くなる可能性があるからです。急に大きくなりはじめてから手術したのでは、手遅れになる可能性があります。絶対に早い方がいいです。
葉状腫瘍と診断されているのにもかかわらず、「悪性に変わることはない」とはっきり言われたというのは、本当でしょうか。私の知っている話とは違います。それが事実なら私はとても嬉しいのですが…。

私のように、「繊維腺腫」を摘出してみたら実は「良性の葉状腫瘍」だった、ということが頻繁にあるのと同じで、「良性の葉状腫瘍」を摘出してみたら、実は「境界悪性の葉状腫瘍だった」ということも、たぶんあるのだと思います(まなかさんがそれに当てはまるかは分かりません)。

私の腫瘍を「繊維腺腫だから取らなくても別に大丈夫だよ」と言っていた主治医が、術後の病理検査で葉状腫瘍だと発覚した時に表情を変え、「本当に取って良かったね!!」と言っていました。ぞっとしました。

こちらから希望しないと、お医者さんはなかなか「手術しましょう」と強く言ってくれないかもしれません。
もしよろしければ、こちらのHPで葉状腫瘍に詳しいドクターに質問できますので、見てみてください。http://nyuugan-plaza.com/question/

手術されるとしたら、術前に葉状腫瘍と分かっているのですから、全身麻酔でマージンをとって手術してもらった方がいいと思います。がんばってください! 応援しています(^^)/


2016/10/11 (Tue) 22:39 | 戸森しるこ #yBii/ViI | URL | 編集 | 返信

point No title

お返事ありがとうございます。

これらは細胞をとって検査してもらい診断されたものです。
その後も半年に一回は検診にいき、エコー検査で経過観察をしております。

細胞の検査も行い経過観察も行なっており、それでも摘出の必要性はないと言われておりました。

その後引っ越してしまいそこの病院にはかからなくなってしまったため、現在の居住地区で乳腺専門の先生に診てもらうことにしました。
まだその先生にはかかっていないのですが、セカンドオピニオンということで改めて一から診てもらいたいと思います。

今回はもう1つ生命保険についてもお聞きしたいです。

しこりがあると分かっている場合、新たに生命保険(女性特約等付き)に入るのは厳しいのでしょうか?
いま生命保険を検討していたのですが、しこりがネックになることもあるというような情報もネットでみかけたもので、、

2016/10/22 (Sat) 22:12 | まなか #0XFxKfKE | URL | 編集 | 返信

point Re: No title

まなかさん、コメントありがとうございます。

すでに細胞診で「葉状腫瘍」と決まっていて、それでも経過観察でよいとされたからには、なにかそれなりの理由があるのだと思います。私にはそこのところが判断できないので、別の乳腺専門医にぜひ診てもらってください。私の主治医はふたりとも『葉状腫瘍は良性でも摘出派』でしたが、そうでないドクターもいるということなのだと思います。
私はしこりに気がつく前から保険に入っていたので、しこりの有無が関係するのかどうかちょっと分かりません。お役に立てずすみません。

2016/10/22 (Sat) 23:14 | 戸森しるこ #yBii/ViI | URL | 編集 | 返信

point No title

ご丁寧にお返事ありがとうございます。

1つ1つ曖昧にしないでしっかりと向き合っていきたいと思います!!

話を聞いてくださりありがとうございました(^^)

2016/10/23 (Sun) 21:30 | まなか #0XFxKfKE | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/17 (Sat) 05:22 | # | | 編集 | 返信

point Re: No title

ももさん、コメントありがとうございます。しかもさんなちゃんのブログコメントから私を見つけてくださったとは。

セカンドオピニオンで葉状腫瘍が発覚したということでしょうか。セカンドオピニオンしてよかったですね。
良性で全摘は抵抗があると思いますが、早めに再発の連鎖を断ち切らないといけないですよね。「良性でも稀に遠隔転移する」って、たしかにネットに載っているのですが、「再発を繰り返して悪性化するような低悪性度の葉状腫瘍は、命にかかわるものではない(つまり、転移しない?)」と書いてあるのも読んだことがあります。
私は「良性でも転移した」という例を実際に知らないです。
私なりの解釈なので合っていないかもしれませんが、たぶん、良性の腫瘍の中に悪性が部分的に紛れ込んでいて、それが(あってはならないことですが)見落とされていて、結果的に遠隔転移してしまった、という流れなのではないでしょうか。
腫瘍の大きさが書いていなかったですが、大きくなるスピードが早いのであれば要注意なので、どうか次の手術で再発が食い止められますように。祈っています。

2016/12/17 (Sat) 22:50 | 戸森しるこ #yBii/ViI | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/22 (Thu) 01:52 | # | | 編集 | 返信

point 葉状腫瘍摘出することになりました。

新たな乳腺専門の先生に診てもらった結果、
やはり摘出しなければならないものではないが、
大きいので(乳房の上の方の脂肪が少ない部分にあるため、
鏡越しに見てもしこりが分かる。)取ってしまおう!
という結論になりました。

全身麻酔でとることになりました。


傷も少しは残るそうですが、
それほど目立つものではないそうです。


今回手術を受ける決心をするにあたり、
ここで色々と話を聞いていただき
多少なりとも力添えいただいたと思っております。

ありがとうございましたm(_ _)m


2017/01/07 (Sat) 20:13 | まなか #- | URL | 編集 | 返信

point Re: No title

ももさん、もう一度コメントありがとうございました。
最初の腫瘍はなかなか大きかったんですね…。ちょっと心配です。
http://nyuugan-plaza.com/question/
こちらの質問コーナーはご存知ですか? 葉状腫瘍の経験が豊富な先生で、とても丁寧に答えてくださるので、私は参考になりました。「葉状腫瘍」でサイト内の検索をすると、過去の質問を閲覧できますので、ぜひ。ちなみにこの先生は「良性の葉状腫瘍で転移など1000%ありえない」と仰っていますが…(笑) まさに「情報の錯綜」とはこのことですね。ただ、「ものすごく大きな良性葉状腫瘍は、少し悪性寄りに考えなくてはいけない」と、どこかにのっていた気がします(どこだったか忘れました)。

主治医の治療方針がころころ変わるというのは問題があると思います。若い先生がいけないというわけではないと思うのですが、葉状腫瘍は経験がないと診断が厳しい病気みたいなので、一度他の先生の意見も聞いてみたらどうでしょうか。

2017/01/07 (Sat) 21:59 | 戸森しるこ #yBii/ViI | URL | 編集 | 返信

point Re: 葉状腫瘍摘出することになりました。

まなかさん コメントありがとうございます。
私は繊維腺腫といわれていたので、マージンなしでの手術でした。
手術後に葉状腫瘍だと分かって、「マージンをとって手術してもらえばよかったな」と、すごく思いました。
マージンをとってもらえていたら(もしくは断端陰性かどうかがはっきりしていれば)、あんなに再発を心配しなくて済んだのになぁと思います。
マージンをとるかどうか、ぜひ先生とよく相談してみてください。
手術の成功を祈っております。がんばってください(*^_^*)!!

2017/01/07 (Sat) 22:07 | 戸森しるこ #yBii/ViI | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/09 (Mon) 10:54 | # | | 編集 | 返信

point Re: 葉状腫瘍

シトラスさん、コメントありがとうございます。
娘さんの良性葉状腫瘍が、半年で8ミリ増大したのですね。今後も大きくなりそうなので、私も摘出したほうがいいと思います。針生検で良性葉状腫瘍と事前に診断されている場合には、念のため境界悪性の可能性も考えた手術をするべきだそうです。なので、マージンをとってもらったほうがいいと思います。
手術に関しては、私はそれまでの流れで都内の某大学病院でお願いしました。ほかの病院については詳しくないんです。ごめんなさい。
私の手術を担当されたのは若い先生でした。葉状腫瘍の場合、ベテランの先生にお願いするというのは、いい考えだと思います。私は事前に繊維腺腫の診断だったため、そこまで考えませんでした。
私は5センチの腫瘍で、マージンなしの手術でしたが、2年経った今も再発していません。娘さんの腫瘍は私よりもずっと小さいですし、今のうちに正しい方法で摘出してしまえば、まったく問題ないと思いますよ(^^) セカンドオピニオンは、私でしたらこの時点では特に考えないと思います。

私のブログを読んでくださったとのことで、ありがとうございます。ご存じかもしれませんが、こちらのサイトで葉状腫瘍に詳しい先生が質問コーナーを作ってくださっています。「葉状腫瘍」で検索すると過去の質問を読むことができるので、ご覧になってみてください。http://nyuugan-plaza.com/question/

もし全身麻酔でしたら、術後に長時間動けなくて辛かったので、下に敷くバスタオルなどあると、少しは楽だと思います。でも、その大きさなら部分麻酔かもしれませんね。娘さんに「手術がんばってね」とお伝えください。

2017/01/09 (Mon) 13:40 | 戸森しるこ #yBii/ViI | URL | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/10 (Tue) 13:02 | # | | 編集 | 返信

point 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/26 (Sun) 16:33 | # | | 編集 | 返信

point Re: No title

こんにちは。コメントありがとうございます。
子どものころから6センチほどのしこりが確認できているとのこと。
気になるようでしたら乳腺科でエコー(超音波)をしてもらうのが第一歩だと思います。「乳腺・病院」等で検索すると、近くにある病院やクリニックが分かると思います。お若いので、マンモグラフィーではなくエコーの方がいいです。ちなみにエコーは痛くないです。一度プロに診てもらうと安心できます。とにかく病院に行かないと何も分かりませんので、悩んでいるならぜひ一度受診を。きっと行ってよかったなと思われると思います。がんばって!

2017/03/26 (Sun) 17:59 | 戸森しるこ #yBii/ViI | URL | 編集 | 返信

point はじめまして!

はじめまして!

私は現在30才。今週月曜日に葉状腫瘍の手術を受けました。今は自宅療養中です。

初めて診断を受けたのは2か月程前。胸のしこりその物は2年程前からあったのですが、マンモには何も写らなかったので「心配いらない」という診断を信じていました。でも、診断を受ける2か月くらい前からぴりぴりとした違和感を感じ、そのうちずきずきと発作的に痛くなったり常に違和感を覚えて病院に行きました。乳ガンか葉状腫瘍のどちらかなかなか診断がつかなったので、ヤキモキしました。摘出が無事に終わり、乳ガンではないことがはっきりした今は、良性であることをいのっています。

でも例え良性でなくても、なっちゃったもんはしょうがないし、病気と一緒に生きてくしかないか、っと思うようになりました。

ブログを読ませていただき、病気と一緒でも楽しく元気にいきていける事がわかり、また色んな情報も頂けて嬉しく思ってます。良かったら今後もよろしくお願いします。

2017/07/02 (Sun) 15:13 | かみちゃん #- | URL | 編集 | 返信

point Re: はじめまして!

かみちゃんさん、メッセージありがとうございます。良性だといいですね(>_<)!! お医者さんに「心配ない」って言われると、油断しちゃうんですよね。分かります。私なんて5年くらい放置してましたから。私も再受診しようと思ったきっかけは「痛み」でした。あの時、病院に行って本当によかったなって思ってます。葉状腫瘍の場合は、摘出時の大きさが結構重要みたいです。私は5センチでした。とにかく、良い結果であることを祈ってます。ぜひまた遊びにきてください♪

2017/07/02 (Sun) 18:32 | 戸森しるこ #yBii/ViI | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント