FC2ブログ

2017年 まとめ

2017年(平成29年)2.9~13 葉状腫瘍術後2年経過記念・北海道旅行(高楼方子さんとスペシャルディナー、 升井純子さん・千葉朋代さん・栗沢まりさんと、にぎやかランチ、旅行中に児童文芸新人賞受賞の知らせが届く)3.11 日本児童文学3・4月号 新人登場ページに寄稿3.21 児童文芸新人賞受賞記念の食事会にて、佐藤真紀子さんにお会いする4.1 『ぼくたちのリアル』が青少年読書感想文全国コンクール課題図書に選定される4.26 「...

Read More

はまっこ読書会

Twitterをご覧くださっている方は「何を今さら」という感じかもしれませんが、先月、横浜市の「はまっこ読書会」というイベントに、画家の佐藤真紀子さんと、担当編集者のFさんと、三人で参加しました。なんと『ぼくたちのリアル』の読書会でした!小学5、6年生が20人参加してくれていて、10人ずつのテーブルで『ぼくたちのリアル』について意見を言い合うという、読書会。読書会というものの存在は知っていましたが、小学生読者...

Read More

山本悦子さんのお祝い

12月15日に野間賞の贈呈式に出席しました。野間文芸賞、野間文芸新人賞、野間児童文芸賞という、講談社の大きな三つの賞の合同贈呈式で、私は今回野間児童文芸賞を受賞された山本悦子さんのお祝いで行ってきました。突然行ってびっくりさせようかなーと思って、山本さんには内緒で潜入しました。びっくりされてました(笑)実は、受賞作の発表よりも前に、私の担当編集者さんが、「今年の受賞作は戸森さんが喜ぶと思いますよ。まだ言...

Read More

東京新聞「東京エンタメ堂書店」

12月18日の東京新聞で、小林深雪さんが「ひとりぼっちの教室」について記事を書いてくださいました。いじめについての物語を三点紹介されているうちの、一冊です。一緒に載っている『ワンダー』もよい作品です。今年アメリカで映画化されたようですが、日本では未公開でしょうか。映像化したらいいなぁと思っていたので、絶対観たいです。しかもジュリア・ロバーツが主演。そっちも好き。重松清さんの『十字架』は読んだことがない...

Read More

新刊 YA!アンソロジー「ひとりぼっちの教室」

今年最後の物語です。講談社YA!アンソロジー第7弾「ひとりぼっちの教室」に参加させて頂きました。「泣いちゃいそうだよ」シリーズの小林深雪さん、講談社児童文学新人賞を私の翌年に受賞された吉田桃子さん(『ラブリィ!』)、同じく佳作に入選された栗沢まりさん(『15歳、ぬけがら』)、そして戸森しるこ。4人の物語が収録されています。これまでのYA!アンソロジーといえば、「秘密」「卒業」「約束」「告白」「14...

Read More