富安陽子「天と地の方程式 2」

富安陽子さんの「天と地の方程式 2」(講談社)を読みました。完結してからまとめ読みすると宣言しましたが、誘惑に負けました(やっぱりね)。カクレドから無事にもどってきたアレイ、Q、ヒカル、ハルコ。学校生活を送りながら、残りのカンナギを探します。アレイとQの天才コンビの思考には、なかなかついていけないです(難解すぎる)。ほころびのパターンについての推理なんかは、もうお手上げ。でもべつについていけてなく...

Read More

映画「先生と迷い猫」

「先生と迷い猫」先生も猫も好きなので、これは私が見るべき映画だわと思って行ってきました。私は平日は正午から仕事なので、今日は朝イチで映画館に行ったのですが、予想どおり8人くらいしかいなくてガラガラでした。久しぶりにパンフレットを購入したくらい、すごくよかったです。静かな感動が…。賛否両論ありそうですが、私は映画の終わり方が好きでした。あと、これだけは書きたいのですが、私はもたいまさこさんが大好きです...

Read More

岡田淳+浦川良治 「わすれものの森」

岡田淳+浦川良治 「わすれものの森」(BL出版)を読みました。40年前に出版されて絶版になっていた本の復刊だそうです。私ははじめて読みました。大切な発表の直前に、自分の笛をなくしてしまった3年生のツトム。笛を探しに向かった夕方の学校で、黒いマントを着た謎めいたふたりの男に出会います。わすれものを集めては「わすれものの森」に持っていくのが仕事だというふたりに連れられて、ツトムは笛を探しに森へと足を踏み入れ...

Read More

山下弘子「人生の目覚まし時計が鳴ったとき」

山下弘子さんの「人生の目覚まし時計が鳴ったとき」(KADOKAWA)を読みました。19歳で巨大な肝臓がんが見つかり、余命半年を宣告された女子大生(当時)の二冊目の本です。奇跡的に転移していなかったため手術が成功したものの、その後再発転移…。治療法がなくなっても、せいいっぱい「今を生きる」。山下さんのブログタイトルです。山下さんのことは、去年ニュースで特集されていて知り、ちょうど私も自分の体のことでいろいろ考...

Read More

キツネナス

会社の近くで見つけました。フォックスフェイス(キツネの顔)。別名、ツノナス、キツネナス。ナス科の植物です。名前がかわいいので前から気になっていたのですが、こんなに見事なものははじめて見ました。ちなみにナス科ですが食用にはなりません。...

Read More

うちのにゃんこ

実家に帰省しました。といっても、一時間もあれば行ける距離なのですが…。 うちの猫です。スコティッシュ・フォールドのオス、11歳。名前はルビーといいます。あくびの瞬間をとらえました! こちらは、学生時代に趣味で作成したドールハウス。ジル・バークレムの「のばらの村のものがたり」(講談社)をイメージして作った雑貨店です。お気に入りは、天井についているシーリングファン。これはアイスの棒を白く塗って作りま...

Read More

藤野恵美「雲をつかむ少女」

藤野恵美さんの「雲をつかむ少女」(講談社)を読みました。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)をテーマにした物語です。全八章で、章によって視点が異なります。八人の主人公。こういう作りの本には憧れます。キャラクターの書き分けがきちんとできていないと破綻しそうなので、きっと書くのが難しいに違いない。小中学生がスマホを持っている現代ですが、ネットが普及していなかった世代としては、うらやましいよう...

Read More

良性葉状腫瘍術後経過観察中なう

ブログを開設して一ヶ月以上経ちますが、「葉状腫瘍」で検索して私のブログをご覧になる方が、やはりいらっしゃるようです。あまり知られていない病気なので、体験談は気になるところですよね。乳がんの闘病ブログはたくさんありますが、葉状腫瘍はそれに比べると少ないです。私も葉状腫瘍と診断された時にすごくネットを使いました。ただ、余命、原因不明、治療薬なし、などのワードが頻繁に出てきますので、あまり調べすぎると先...

Read More

good news kafé+

  お気に入りのカフェを紹介します。good news kafé+ (グッドニュースカフェ)。JR赤羽駅から少し歩いたところにあります。見てのとおり、おしゃれ素敵カフェです。北欧のものが大好きなので、たまにお茶しにいきます。すいていれば文章を書かせてもらうことも。 北欧雑貨も売っています。おそらくオーナーの方なのかなと思うのですが、スウェーデンによく行かれるそうで、私が一昨年フィンランドへの一人旅を計画している時...

Read More

高楼方子「ニレの木広場のモモモ館」

高楼方子さんの「ニレの木広場のモモモ館」(ポプラ社)を読みました。高楼方子さんの本については今度別の記事で書きたいなぁと思うのですが、新刊が出ていたので先にこちらの感想を。五年生のモモとモカ、四年生のカンタは、壁新聞〈モモモ館〉を作ることになりました。六年生のリッくんと中学一年生のコータも仲間に加わって、いろいろとかわいい事件を解決しながら、モモモ館作りに夢中になっていきます。悪人になり切れていな...

Read More