講談社BOOK倶楽部インタビュー掲載

パソコンの修理が完了しました。ディスプレイが壊れただけだったので、中身は無事。ラッキーです。原稿だけはかならずバックアップをとるのですが、それ以外はけっこうサボっているので、これを機にちゃんとバックアップしようと思いました。反省。講談社のHPにインタビューが掲載されました。⇒講談社BOOK倶楽部/戸森しるこインタビュー「新人賞総ナメの注目作家」と書いてくださっているのですが、産経児童出版文化賞は新人賞では...

Read More

短編小説「サヴァランの思い出」

児童文学雑誌「飛ぶ教室」49号に、短編小説「サヴァランの思い出」を寄稿しました。「飛ぶ教室」は、ずっと憧れていた雑誌で、いつか掲載してもらえたらうれしいなぁと思っていました。今回、講談社を通じて執筆の依頼を頂いたのですが、担当編集さんから「長編の締切と時期が重なりますけど、どうしますか?」というお話しがありました。「書かせてください……(涙)!!!」まぁ、断れるわけがないですよね。こんなチャンスを。今...

Read More

児童文芸 掲載

日本児童文芸家協会の「児童文芸」4・5月号を頂きました。第46回児童文芸新人賞の、選考経過(最終候補5作品に対する講評)と、受賞の言葉(私の)が掲載されました。「第46回児童文芸新人賞は、2016年1月1日から12月31日までに出版された作品で、著者の第2作目までの単行本を対象としている。」2冊目までが対象なんですね。じゃあ、私は年内に2冊目も刊行されているから、今回しかチャンスがなかったってことなんだ!「新人賞」っ...

Read More

掲載情報いろいろ

今日、ポストに問題集が届きました。啓明舎という進学塾の問題集で『ぼくたちのリアル』を問題にしてくださったそうです。塾の問題集に実際に掲載されているのははじめて見ました。どうやら冬期講習用の教材のようですね。ありがとうございます。そしてこちらは葦原かもさんが送って下さった「学校図書館速報版」の課題図書発表ページです。ホームページでも発表されていました。⇒ 全国学校図書館協議会ホームページ『第63回 青少...

Read More

日本児童文学 掲載

突然ですが、「日本児童文学」3・4月号の「新人登場」のページに戸森しるこが載っています。「サジたちへ」というタイトルで寄稿してます。宜しくお願いいたします。そして「創作時評」のページでは伊藤敬佑さんが「十一月のマーブル」を取り上げてくださっていました。ありがとうございます。 ちなみに「日本児童文学」(小峰書店)とは、日本児童文学者協会が出している児童文学の雑誌です。書店で1000円くらいで買えます。私は...

Read More