朝日中高生新聞 掲載

紙面で連載をされている吉野万理子さんが教えてくださったのですが、「理科準備室のヴィーナス」を書店員さんが紹介してくださいました。朝日中高生新聞です。書店員の森口さん、ご紹介どうもありがとうございます。今日はこれから虫歯になってしまった「おやしらず」を抜きに行かなければならないのでブルーなのですが、次回作を楽しみにしてくださっているそうなので、がんばって抜いてもらって、物語を書こうと思いました。...

Read More

東京新聞「本音のコラム」

先日の授賞式の日に、選考委員の小林深雪さんが、「東京新聞に載ってたよ~」と、わざわざ切り抜きを持ってきて下さって、感激しました。文芸評論家の斎藤美奈子さんが、コラム内で「ぼくたちのリアル」について触れて下さっています。「ぼくたちのリアル」って、ボーイズラブ小説の側面があると言われることがあるのですが、そうかと思うと、「はー? あれのどこがBL?」という反応をする人もいます。私も混乱しております。人...

Read More

「理科準備室のヴィーナス」ダ・ヴィンチニュースに載る

新刊「理科準備室のヴィーナス」がダ・ヴィンチニュースに載りました!すごーい。うれしいですね、こういうの。複雑に好きと嫌いの矢印がいきかう中学生の教室の人間模様…児童文学の新進作家が描く、自分だけの特別を見つける物語『理科準備室のヴィーナス』記事を書いて下さった立花ももさんというライターさん、私の物語をよく読みこんで下さっています。戸森しるこ氏は子供相手に手加減しない。子供だからわからないんじゃない...

Read More

福井新聞 掲載 「へり」に立つ少年たち

産経児童出版文化賞の選考委員でいらっしゃる宮川健郎先生が、「ぼくたちのリアル」について新聞にのせてくださいました。今日、宮川先生にお会いしたのですが、創作に関していろいろとアドバイスを下さって、とても勉強になりました。「へり」に立つ少年たち私も、中心にいるかへりにいるかといえば、へりにいる子どもだったと思います。だからサジや渡と同じで、リアルのような男の子に憧れるのかなと思う。夏休みは明日で終わり...

Read More

「鬼ヶ島通信」掲載

こんにちは。夏休みですね…。夏休み、今年は8日ほどあったのですが、読みたい本、見たいDVD、片づけたい書類、仕上げたい原稿、実家への帰省…などなど取り組んでいるうちにあっという間に過ぎ去り、、明日からもう仕事だわ。そんな夏休み最終日に、「鬼ヶ島通信」(2017年夏号)が手元に届きました。「鬼ヶ島通信」は児童文学の同人誌です。以前、鼎談(というよりも座談会)の機会を頂きまして、その模様が掲載されました。鬼...

Read More