「十一月のマーブル」重版!

戸森しるこの二冊目の単行本「十一月のマーブル」が重版となりましたことをご報告いたします。「十一月のマーブル」を手にとってくださったみなさま、そして、いつも応援してくださっているみなさまに、心から感謝申し上げます。どうもありがとうございます!! 戸森しるこは順調です!!!ひさしぶりに読み返してみました。一気に読んでしまった。へぇ、これ私が書いたんだっけ? ほんと??という気になる。自分の中にあった世...

Read More

七夕の夜に

 七夕の夜に、いとうみくさんのトークイベントに参加しました。ジュンク堂池袋本店のトークセッションです。いとうみくさんという児童文学作家さんは、「どの本もおもしろい」作家さんで、そういう人は多いはずですが、私も憧れます。いちばん好きなのは「かあちゃん取扱説明書」かな。「車夫」もいいけど。  今年、いとうさんといっしょに高学年の部の課題図書になって、「おお! いとうみくさんと一緒! お近づきになれるか...

Read More

「十一月のマーブル」その後…

「十一月のマーブル」の絵を描いて下さった宮尾和孝さんから、波楽とレンの原画を頂きました。サプライズプレゼントという形で講談社から小包で届き、びっくりしました。なんということでしょう。宮尾さん、どうもありがとうございます。お忙しいのに…。ちょっと背が伸びて、本編よりも少し大人になったふたり、というイメージですよね。ふたりとも笑顔でよかった。波楽が手にしているのは缶コーヒーです。はやく大人になりたいと...

Read More

産経児童出版文化賞 贈賞式

6月9日に産経児童出版文化賞の贈賞式に出席しました。明治記念館にはじめて行きました。事前にうかがっていたとおりセキュリティが厳しく、これまでに出席したどの授賞式よりも緊張感がありました。事前にリハーサルというものもあって、担当編集者さんとふたりで壇上に上がり、壇上に座っていらっしゃる紀子さまにそろって一礼したりとか、動き方を教えて頂きました。私は慣れていないので、失敗しないかなと、大変緊張しました。...

Read More

講談社BOOK倶楽部インタビュー掲載

パソコンの修理が完了しました。ディスプレイが壊れただけだったので、中身は無事。ラッキーです。原稿だけはかならずバックアップをとるのですが、それ以外はけっこうサボっているので、これを機にちゃんとバックアップしようと思いました。反省。講談社のHPにインタビューが掲載されました。⇒講談社BOOK倶楽部/戸森しるこインタビュー「新人賞総ナメの注目作家」と書いてくださっているのですが、産経児童出版文化賞は新人賞では...

Read More